ネクタイの HAND MADE って、何が良いのでしょうか?(生地への影響編)

ネクタイの表示で HAND MADE という表示を見たことはありますか?HAND MADE って書かれているとちょっと、高級そうに感じるけど、使う側に何かメリットがあるのかな?なんて、感じたことがありませんか?


HAND MADE (手縫い)もMachine Made (機械縫い)、どちらも縫製している工房からの視点で、HAND MADE のメリットを書いてみたいと思います。


【まとめ】

HAND MADE が良い理由は、2点あります。


生地を傷めない(機械縫いですと、必ず2工程だけなのですが、生地を傷める原因となる工程が含まれます)

ボトル型シルエットを縫える(機械縫いは、ストレート縫いは得意ですが、曲線縫いは不得意です)


あまり、流通しないような希少性が高い生地を扱う場合、または、個人の体系に合わせたシルエットのネクタイ(ボトル型ネクタイ)に仕立て上げる場合に、HAND MADE (手縫い)でないと仕立て上げることができません。HAND MADE が良いのではなく、HAND MADE でないと仕立てあげられないということですね!



今回は、HAND MADE は、生地を傷めないという、観点から、お話を進めたいと思います。


【お話】

ネクタイの縫製には、HAND MADE と Machine Made があります。Machine Made といえど、ネクタイの縫製工程は、殆どが手作業です。約10工程ほどでネクタイは仕上がるのですが、HAND MADE と Machine Made の違いはたった1つの作業の違いにより生じる2工程の差だけです。たった1つの作業が、圧倒的にネクタイの生産効率性を上げ、ネクタイの大量生産を可能にしました。その反面、生地を傷める原因になっています。


たった一つの作業の違いとは?

ネクタイは、表生地(ネクタイのデザイン性を決める大事な素材)と芯(ネクタイの機能を決める大事な素材)の二つを糸で縫製(芯と表生地を縫い付ける作業)することでできています。この芯と表生地を縫い付ける作業を機械でやるのか手でやるのか、それが、Machine Made と HAND MADE の違いです。それ以外の工程に両者の違いはありません


HAND MADE の芯と表地の縫い付け方は?



芯地を表地で包み込みます包み込んだ表地を待ち針で仮止めします。その後、糸を使って、手術後の縫合みたいに、芯地をすくいながら表地を縫っていきます。表地を丁寧に縫っていくため、いたずらに生地を傷めません

Machine Made の芯と表地の縫い付け方は?

Machine Made のネクタイは、ネクタイ芯付け機(通称:リバー)と呼ばれる、ネクタイの芯を表地に縫い付けるための専用ミシンがあります。あの長いネクタイを縫うため、その機械の長さは、約2m近くあります。かなり大きな機械です。


ネクタイ工場は、このリバーを何台もっているかでその規模がわかります。昔は、リバー1台で1日1,500本のネクタイを縫えると言われていました。弊社には、そのリバーが5台あります。30年くらい前は、一日6000本~7000本ものネクタイを縫製していたそうです。


そのリバーと呼ばれるネクタイ芯付け機がこれです。



表地(右)と芯地(左)をセットして、スタートボタンを押します

すると・・・



あら不思議。表地と芯地がたった10秒で縫われてしまいます(手縫いだと40分くらい掛かります)。ただ、表地を良く見てみると、裏側が見えています。ですので、これをひっくり返すという作業も必要になります。ひっくり返して芯をきれいにしまうと、手縫いで縫い終わった状態と同じになります。


つまり、芯と表地を縫い付けるという一つの作業以外(Machine Made はひっくり返すという作業もあるので2工程)はMachine Made と HAND MADE は一緒の作業をすることになります(Machine Made といえどほぼ手作業ということですね)。

Machine Made が生地を傷める原因は?

Machine Made で生地を傷める瞬間の画像をお見せします。

まずは、芯付けをする機械の一工程です!



表地の中心部は、鉄製の治具で織り込まれます。具体的な内容は割愛しますが、とにかく、結構な勢いで表生地の中心へ、ガシャンと治具が降りてゆき、表地を織り込みます。この時、表生地の中心部には、筋目が入ります(後で、アイロンで直せますが・・・)。


現在、流通している生地は、流通性を最優先しているので、シルクの生地を強化するために、表面に樹脂をコーティングしています。この程度の衝撃は全く問題ありません。しかし、シルク本来の柔らかさを持った生地ではない(ポリエステルみたいに硬い)ことは確かです。


次に、生地を傷つける工程は、ひっくり返すという作業です。



芯付けした段階では、裏返っている表生地と芯が縫われた状態のネクタイを、長い棒を使ってひっくり返すという工程があります。ひっくり返った後のネクタイが右側の画像です。この工程では、ネクタイを細ながい棒でひっくり返すので、ネクタイの生地を悪戯に傷つけることになります。

あまり、流通しないような希少性が高いシルクそれは、本来もっていた肌触りの良いシルク。そんな繊細なシルクを仕立てる時には、HAND MADE でないと仕立てあげられないということですね!

48回の閲覧0件のコメント