ネクタイ年表(日本編)

1851年    ジョン万次郎が、アメリカからネクタイを持ち帰る


1853-1867年  ペリー来航-大政奉還(明治維新)


1872年    京都・西陣の佐倉常七、井上伊兵衛、吉田忠七の3人がフランスのリヨンで、ネクタイの製造技術を学ぶ


1882年    洋品雑貨商の田中力蔵が東京日本橋橘町で、輸入ネクタイの販売を始める


1884年    帽子製造の元祖、小山梅吉が中古市場でみつけたネクタイを女帯で作った。初めに作ったのは蝶タイと言われている。ネクタイ縫製の第一人者でもある。


1893年    南文蔵もネクタイの加工を開始


1895-1910年 ネクタイがブームになる(日清戦争・日露戦争が火付け役)


1914-1918年 第一次大戦以降、フォアインハンド(縦長結び)が全盛期になる


1925年    小山梅吉もジェシー・ラングスドルフのネクタイの製法を取り入れる

10回の閲覧0件のコメント